腹を開ける

 

トップ ページ秋刀魚調理する
基本 
基本処理 
腹を開ける 
三枚おろし 

 

腹を開ける

 

@次ぎに腹を開け内臓を取り出します。まず、腹を開け易いように尾を左にして斜め40°〜45°にします。

A次ぎに包丁でおなかを開けます。流水で洗い流しながら軽く内臓を取り出した後、まな板の上に戻します。

Bこれだけでは血液を含んだ部位を取り除けませんので、さらに包丁での処理をし薄い膜を切り綺麗に洗い流します。この処理が不十分ですと三枚におろした後、身に血液が付き生臭さの元になります。

CBの処理が終わったら、魚に血が付いていない野を確認し更に移した後、
 まな板、包丁を水で良く洗います

 これでは不十分。

肛門の所までしっかりと包丁を入れます。

  この状態では薄い膜の奧に血液が付着しています

 これで綺麗になりました


Copyright (c) 2005 All rights reserved.